読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速オワタ三段落

個人的なメモ帳

 さて、WiiUの発売日が迫ってきた。

 個人的に望ましい次世代ゲーム機戦争は、WiiU vs xbox360 vs PS3で、ぶっちゃけ主にゲーマー層にゲームを提供する2社には2014年まで現行ハードで頑張って欲しい。どうせ性能的にはPCゲームの後追いだと思うし、変化球的な入力デバイスが出てもWiiの二の舞だろう。ただ、キネクトは体全身を動かせるという意味で興味があるので、買う可能性が高い次世代ゲーム機xboxになる。現行機でも初期の頃はxboxが欲しいと思っていたけど、レッドリングでスルーしたな。次世代では、どうだろう。ソニーは次世代機を出せるのか?


 今持っているハードはPS3で、地球防衛軍4を購入するまでは持っておきたい。同じクラスのソフトが今後、発売されればPS3の寿命が伸びる。ソフト本数がWii末期みたいに劇的に減れば売る。その時に、ソフトラインナップ次第でwiiUに買い換える可能性もある。ゼノブレイドの続編かサンドロット次第では購入する。ゼノブレイドの続編がWiiUで出るとマジで特攻しそうで怖い。Wiiの評価は、そこそこだけど、インターフェースやゲームのチープ感が嫌い。液晶コントローラに関しては、解らない。ペン操作は好きだが、全ての開発者が「超操縦ロボMG」や「すばらしきこのせかい」の用な奇抜なアイデアを出せるかといえば、無理だと思われる。それはWiiやDSで散々と思い知らされた。奇抜なアイデアが売り上げにつながるといえば「?」だし、1つのハードでしか通用しない限定的なアイデアや技術の為に人員を割いたり、金を使うなら、通常のボタン操作で開発したほうが色々な意味で都合が良いのかな?もう、入力デバイスには必要以上の期待はせん。


 総括するとPS3wiiU→xbox720→?という流れになる。WiiUはサード総スカンならスルーする。それで、もうひとつの選択肢が、家庭用ゲーム機から逃げるという道も薄っすらと見えている。開発費高騰で家庭用ゲーム機は詰んでいたのだ論。そろそろ、自分にあったゲームを開発している同人サークルとかを探さないとダメな気がしてきた。

 
 一応、次世代ゲーム機の準備として貧乏人の次世代ゲーム機に対する戯言を書いてみた。次世代ゲーム機購入順位の決意が揺らぐとしたら、ソニーが思ったよりも早く、安価でPS3と互換性のあるPS4を投入することぐらい。無いだろうなー。