高速オワタ三段落

個人的なメモ帳

治験第3期へ

朝から夕方まで拘束された地獄の治験第二期が終了し、第三期が始まります。大腸内視鏡の結果は普通でした。その直後に風邪をひいて大変でしたが、なんとか無事に切り抜けました。

 

さて、治験第三期は実薬投与(注射)のみとなっており、早速やってきましたが‥

 

f:id:makenra:20190222193755j:plain

痛え

 

画像では分かり難いですが、腫れてます。

 

注射の痛みがあって、腫れたということは第二期の注射の方がプラセボだと証明してしまいました。どうでもいいけど。

 

さて、治験薬の痛みですが、注射針が太い頃のヒュミラと似ている感じがします。痛みが残ったり腫れたりするとアナフィラキシーショックを警戒してしまいます。治験三期になって楽ができると思っていたら「注射の痛み」という落とし穴が待っていました。

これを毎月、3本もうたれるとなると気が重くなります。

 

最後に誰得体重測定。%は体脂肪

 

2/23 70.3kg 15.0% 治験第三期へ

2/16 70.0kg 18.4% 風邪&大腸内視鏡の影響

2/9 71.0kg 16.8%

2/2 70.9kg 18.5%

1/26 71.3kg 17.1% 治験第二期終了週

1/19 70.0kg 19.3% 痔瘻明け1日

1/15 71.5kg 18.2%

1/5 72.3kg 17.8%

12/22 71.3kg 17.5%

12/17 71.1kg 18.3%

12/8 71.7kg 17.4%

12/2 72.2kg 18%

 

個人的メモ、大腸内視鏡から4~5日間は屁をすると爆発するぞ☆