読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速オワタ三段落

個人的なメモ帳

 RED DEAD REDEMPTIONをクリアしました。

 最後の最後までストーリーの方は暴力的でした。日本のヤクザ映画なんかは、あんな終わり方をすることもあった気がする。俺はアビゲイルと息子が殺されて、ジョン・マーストンが復讐するような結末を思い浮かべてた。アビゲイルと息子を救出し、家族イベントが続いた時は、プレイヤーに感情移入させてから家族をぶっ殺すのだろうなと思っていましたが、予想が外れて家族が助かり、ジョンが死んだ。展開に驚きはしたけど、よく考えてみるとジョンは色々悪事を働いてきたからね。連邦捜査官の車を爆破したり、人質ごと強盗を射殺したり、そもそも某名探偵のコナン君も真っ青の殺害数(コナンは人を殺してないけど)をみて、最後にジョンが釣瓶撃ちに遭うのは必然かな。まあ、それはストーリー的には納得できるけど、ゲームをプレイする側にとっては退屈です。やっぱりゲームなら、小屋を兵士に包囲された絶望的な状態から、プレイヤーのスキルでジョンを勝たせたい。


 ゲームシステムの方は銃の爽快感があって良いです。ギャング撃ったり、鳥撃ったり、とストレス発散になります。ボケーッと馬に乗ってアメリカやメキシコを走り回るのも序盤は楽しいです。ただ、アイテムが揃ってからは基本的に最後までやることが同じ。メインクエストとか、ずっと主人公が糞野郎共の言いなりになるのでイライラします。イラッときて糞野郎を爆破するとゲームオーバーになるので、さらにイラッとします。ただ、プレイヤーの創意工夫で面白くなることもあると思うので、他人のRDRプレイ動画とか面白そう。


<<前へ    まとめ