読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速オワタ三段落

個人的なメモ帳

 混沌の苗木を伐採

 落ちて死ぬステージから変わって、混沌の廃都イザリスでは一面がマグマで広がっている。なんか、デカい恐竜みたいなのが沢山いるし、マグマのダメージは微量だが、広いので探索する気が失せたので、さっさと先に進めた。


 溶岩地帯を超えると、廃都に到着する。ショートカットを見つけ、混沌の娘の篝火から探索できるなったのだが、道中でソラールに出くわす。とってもハイな状態でトリップされていたので、問答無用で斬りつける。なんだろう、この罪悪感の無さは。至る所に「太陽万歳」というメッセージが出ていたから、人気キャラだと思うけど、私的にソラールに対しての印象が薄い。恐らく、別の方法だとソラールを助けることができると思う。カタリナの人をミスでぶっ殺した時は、一日ほどプレイする気が失せたが、ソラールの時は「あれは何だったの?」でプレイ続行した。


 さて、混沌の苗床戦です。序盤戦の絶望案が半端ないです。ただ、苗床を弓で攻撃するとノーダメ、手を攻撃してもノーダメなら流石に気づきます。苗床の手の猛攻をくぐり抜け、中心部の大穴を覗いてみると木の道があったので、しめたと思った。木の道から、木の中心部に行くと、ちっさい本体がいたので攻撃したら混沌の苗床が即死した。デモンズソウルの竜の神と同じパターンだな。


 そういうことで、混沌の廃都イザリス編が終わった。あと、王の心当たりは小ロンドしか無い。でも、小ロンド行きたくない、小ロンド行きたくない、小ロンド行きたくない。


<<前へ    まとめ   次へ>>