読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速オワタ三段落

個人的なメモ帳

 どうやら痔瘻で肛門部分に圧力をかけると玉袋が腫れるらしい。

 今年の7月に痔瘻から玉袋が腫れて、8月に同じ所が再び腫れる。クローン病を数年やっていると、何をやれば腫れるかが解る。しかし、色々とやっている中、腫れてしまった。病院に行ってからは殆ど腫れなかったにも関わらず、今になって連続で腫れてしまったということは、余計なことをやっている可能性がある。

 
 そこで、6月までやっていて、7月に止めたことを探してみると、思い当たるフシがあった。尻汗が酷かったので、ダンロップのエアクッションを、ほおり投げた。コレだ!


 憶測だが、排便や運動などで膿が少し溜まっている状態の時に、座って肛門付近の圧力が高まると、膿や便が股間付近へ押し出されるのだろう。尻は腫れてないからね。対策としては、シートンをもう一つ入れてもらう、円座を使うぐらいかな。


 シートンは置いといて、円座を使う場合は「熱くて蒸す問題」がある。他のクッションでも熱いが、ダンロップのクッションは飛び抜けて蒸す。さらに、2-3日に一回洗わないと臭くなる。まあ、丸洗いできるのがエアクッションの利点だが、さすがに面倒だったので投げ捨てたのだ。


 そこで!!ダンロップのクッションと空調ざぶとんを組み合わせて使ってみようと思ったわけですよ。風の力で尻を冷やしてやる。エアクッションは年中蒸すから、空調ざぶとんはオールシーズン活躍できるわけですよ。空調ざぶとんがどんなものか知らんけど。エアクッションの上に敷くのか、下に敷くのかは買ってみて試そう。


 そういうことで、明日は肛門付近を休ませる為に、食事を抑えて便が出ないようにします。